汝は人狼なりやのゲームブック「人狼村からの脱出」

めくるめくゲームブックの世界へようこそ!

 脱出ゲーム、リアル脱出ゲームなどを主催しているSCRAPが製作した脱出ゲームブックがこの人狼村からの脱出です。これは元々アプリゲームとして提供されていた物ですが、話題をさらったため、奇抜な体験型謎解きゲームブックとして出版されたものになります。では、どんなゲームなのか実際に見ていきましょう。

まずは汝は人狼なりやについておさらい

 まずこのゲームを理解するためには「汝は人狼なりや」というゲームについて理解していないといけません。これはどういうゲームかというと、村人側、人狼側に分かれてプレイするゲームで、村人は人狼を見つけ出して吊す事が出来たなら勝利、人狼側は村人と同数の人数になったら勝利というゲームになっています。もちろん村人には誰が人狼なのかはわかりませんが、村人側には特殊能力を持った役職という物が存在しており、たとえば猟師であれば、夜の間に狼に噛まれないように、村人を一人だけ守れたり、また占い師はその人物が人狼なのか、村人なのか、はたまた役職者なのかを占うことができます。他にも様々な役職があるのですが、基本的に村人側と人狼側は、誰が役職者で誰が村人なのかを知ることが出来ません。「人狼」は互いにお互いがそうであるという事を認知出来ますが、それ以外は全くわからないという形で進められていく、ある種のパーティーゲーム的な要素がある推理ゲームという事になります。

 そして本作の「人狼村からの脱出」は「汝は人狼なりや」という物をモチーフとして、作られたゲームブックなのです。

特徴的なところ

 このゲームブックの特徴的なところはパズルや謎解き的な要素をふんだんに盛り込んでいるという事と、本以外の付録が沢山付いてくるというポイントにあります。特に、物語は五日間にわたって進んでいくのですが、読者は探偵として人狼村へと飛び込んでいくので、その為の捜査シート、推理シートが付属されています。また様々な文献や、新聞といったアイテムがあり、指示に合わせて開いて読むことになっています。これは途中でゲームオーバーになることも考えるとコピーをした方がいいかと思いますが、ある意味、コピーして配れば複数人で一つのゲームを楽しんでいく事も出来るかと思います。また、マップが付いているのも一つの特徴です。人狼村である「ウクメル村」のマップはある種それ自体が、謎解きの一要素になっているというものである可能性もあります。

 このように本だけで無く、推理していくゲームブックとして非常に特徴的なアイテムが複数ついている事がこの作品の魅力だと思います。

 また、マップに関しては、そのマップに書いてある番号に進むと、その場面に合わせたストーリーが展開されるという仕組みになっています。これによってより臨場感のあるゲームプレイが可能になってきます。さらにマップの裏には容疑者リストが並んであり、そこにいる16人の中から、推理して人狼を見つけ出すというのがこのゲームのゴールという事になっています。

お気に入りなところ

 このゲームをオススメしたい理由ですが、やはり、メモをしたり、新聞や聞き込み調査をしたりといったリアルな探偵ごっこをしていく、体験的にプレイしていける、そして謎が少しずつ解けていくというこの展開をゲームブックという媒体で実現したというところがその最たる物だと言えるのだと思います。他にも世界観が非常に素晴らしく、考古学者からの手紙での依頼を受け、「名探偵」である読者は人狼村に乗り込み、捜査にあたるという展開だけでなく、それに基づく文章も小説の様に情景描写がされており、非常に臨場感のあふれるゲームプレイが可能になっています。

 また、そのゲームの特徴であるパズルが難解であるというのも、一つのいいところだと思います。これは実際に八名の人が関わって作った練りに練られた謎解き要素らしいのですが、実際にアマゾンレビューなどでも、謎を解くのに二年もかかかったという人もおり、じっくりと取り組むのがいい作品だと思います。

またラストが特徴的

 またこのゲームブックの特徴的なところはラストシーンがゲームブック内に書かれていないというところになります。これはゲームブック「人狼村からの脱出」の公式サイト上から、これまでの捜査記録から導き出された番号を入力し、正解しているとエンディングが見られるという仕組みになっています。つまり、最悪のケース、一生エンディングが見られないまま終わってしまうゲームでもあるという訳ですが、一応公式サイトの方にちょっとしたヒントがのせてあるので、それを頼りにして推理の助けにすることも出来るようになっています。

 のんびり気長に楽しみながら進めていくゲームであり、実際にその日はクリアできなくて悩んでいたとしても数日後に謎が解けてしまったりと、気づけることは多いかと思います。

 そんな数日数年にわたって楽しめるという魅力が、このゲームブック「人狼村からの脱出」にはあるのです。

公式サイト

www.rittor-music.co.jp/dgamebook/01